じゃがいも
Vast field in Japan

横山農園
じゃがいも

横山農園は北海道の十勝平野にて、70ha(東京ドーム15個分)の規模で農業を営んでいます。3種類の品種のじゃがいも、ビート、小麦、大豆、玉ねぎ、長芋などを栽培しています。

インカのめざめ
Inca awakening

インカのめざめ

南米アンデスで、お祭りでしか食べられなかった高級じゃがいもを日本向けに改良し誕生した品種です。見た目は比較的小ぶりで鮮やかな黄色い切り口が特徴です。 インカのめざめの魅力は糖度が高く、バターのようなねっとりした舌ざわりが特徴です。レストランなどで大変な人気があります。
とうや
TOUYA

とうや

「黄爵(とうや)」は、煮くずれしにくく、芽が浅いので面倒な皮むきがとっても簡単な使いやすいジャガイモです。煮崩れしにくいので、幅広く料理に活躍しますが、特に煮込み料理やシャキシャキ感を楽しむサラダなどに最適です。

メークイン
May Queen

メークイン

メークインは、楕円形で表面がつるつるしているじゃがいもです。しっとりとしていてきめが細かく煮崩れしにくいので、煮込み料理、炒め物などに使われることが多い品種です。肉じゃが、煮物、カレー、シチューなど形を残したい料理に向いています。

Previous
Next
gallery

横山農園の位置する北海道の十勝では、夏と冬の気温差は60℃になることもあり、甘く美味しい作物を自然の力が育んでくれます。横山農園では総勢7名で種まきから収穫まで行っています。

ヤマカワプログラム
横山農園では不必要な農薬・化学肥料を極力使用せず、自然の力に任せて作物自らの力で実らせるように育てていきます。根が土中にしっかりと張り巡らされ、土中の栄養分を深く吸い上げるようにヤマカワプログラムによる栽培を行っています。
土づくりに力を入れた

じゃがいも畑
じゃがいも